LEGOで作るオリジナル作品
オリジナル作品の出来るまでも載せているので、作り方の参考にもどうぞ。

LEGO Original Model Gallery


レゴブロック・オリジナル作品ナンバー#0038
【家電シリーズ No.06】

大型冷蔵庫『ひえひえ』

レゴ ブロックで作る冷蔵庫の作り方

ここではレゴ ブロックを使って作ったオリジナル作品を紹介しています。
制作過程も載せているので、レゴ ブロックでのオリジナルの作り方の参考にもどうぞ〜。
2002/11/03

お待たせいたしました!!
いよいよ
家電シリーズ最後(となるであろう)冷蔵庫「ひえひえ」の登場です!

ニューステレビを作ったときから「次は冷蔵庫か?」などと書いているが、実際完成したのは2002年11月...。
いや〜、構想から3年8ヶ月もかかった一大プロジェクトになってしまいました!

実際、モデリングを始めたのは1999年も終わる頃。
まさに世紀をまたぐ大プロジェクトだったのだ。

しかし、なんでこんなにも時間がかかったのかって思うでしょ?
実はこれを作るためのパーツが揃わなかったのだ。
元々、冷蔵庫は「白物」と呼ばれ、ボーディー色は白ってのが定番だった。
なので最初は全てを白で作ろうと思ってたのだが、
ドア部分を構成するパーツが足りなかったのだ。

その後、月日は流れ数々のセットを買っていき、
だんだんと部品も揃いつつ、ここに来てやっとの完成にこぎ着けたのだ!
うぅ..長かったよぉ〜。

これも、レゴジャパンが部品売りをしてくれない為の苦労...。
いや、やめておこう。
こつこつと部品を集めるのも、また楽しいものだ!

と、言うことにしておこう。

それでは、制作過程から完成品、そして冷蔵庫を飾る中身の食材達を見ていただこう!
どぞ〜!


レゴ ブロック 冷蔵庫の作り方01

まずは、やっぱりいつものように土台部分から。
これが最終的な大きさを決定するので大事。

とは言っても全然見当が付かないから取りあえずこんな感じで。
あと、一番下の引き出し部分の機構もテストのため作ってみた。

レゴ ブロック 冷蔵庫の作り方02

タイル部品でレールを作り、その上を引き出しが動く仕組み。

動き的には良いが、これだと引き出しの容積がちっちゃい気がする。
ここは「野菜室」なので、もう少し大きめにしないとね。

レゴ ブロック 冷蔵庫の作り方03

次は扉の機構。
とは言ってもヒンジ部品で開くようにしただけ..。

でも、これだとあまりにも芸が無いし、扉にジュースとか卵を入れる棚が作れない。
改良せねば...。

レゴ ブロック 冷蔵庫の作り方04

で、改良したのがこれ。
曲線部品をコーナーに置いて、本体との間にスペースが出来るようにしたもの。

でも、このコーナー部品を使ったために完成までの長い道のりが...!

ここでは取りあえず黒部品を使って作っている。
ちなみに海外ではこのコーナー部品のことを「マカロニ」と呼ぶことがある。
う〜ん、なかなか良い表現だね。

レゴ ブロック 冷蔵庫の作り方05
この時点で部品が足らないことはわかってたので、コーナーを黒か赤にして別の色のボディーでは出来ないかを検討中...。
いろんな色に置き換えてみてテストしてみる。
レゴ ブロック 冷蔵庫の作り方06

ま、色の事は置いといて、できあがったテストバージョンの扉を土台部分に繋げてみる。
う〜ん、いい感じ。

下の引き出し部分も扉とあわせるためにコーナー部品を使っている。
でも「取っ手」の部分が出っ歯みたくて気に入らない...。

改良せねば。

レゴ ブロック 冷蔵庫の作り方07

一応、家電シリーズはスケールを合わせたいので前に作った全自動洗濯機「うずうず」と大きさを比べてみる。
う〜ん、これだとちょっと高さが低いかな?

ってことで、増築を。

レゴ ブロック 冷蔵庫の作り方08

冷蔵庫と言ったら、製氷器冷凍庫が無いとね!
で、「野菜室」の上に試しに作ってみた。

製氷器は引き出し部品の外側を使ってみたが、これだと部屋が分かれてしまうので、ボツだな...。
あと、野菜室の引き出しと合わせるためにコーナー部品で装飾しないとね。

レゴ ブロック 冷蔵庫の作り方09

これが改良後。
なんかそれっぽくて良いぞ。好感触。

よし、 製氷器も直そう。

レゴ ブロック 冷蔵庫の作り方10

製氷器は赤くしてみた。
取っ手も直して下半分が取りあえず完成!

でもなんが「顔」っぽいんですけど...。
ま、気にしない、気にしない.
後々、全部白部品にするしね。

と、このときは思っていたのだ。

そしてここまで出来たところで、このモデルは永い眠りにつくことになる。



そう、白コーナー部品が揃うその日まで...。

レゴ ブロック 冷蔵庫の作り方11

そして2年の月日を要して白コーナー部品がやっとそろったのだ!
やったね。長かったね。頑張ったね。
そこで早速、全てを白にして作り直してみると..。

あっれ〜?

なんか味気ないぞ。

こ、こんなはずじゃ...!!

う〜ん、長い間この赤黒モデルに見馴れてしまったからなのか?
いろいろ悩んだあげく、結局この赤黒バージョンを採用することに決定!

だったらもっと早く発表できたじゃん!

なんて突っ込みはしないように。
これもまた試行錯誤の結果です。


と、いろいろあって完成した冷蔵庫「ひえひえ」。
それでは、御ゆっくりとご覧下さいマセ〜!

レゴ ブロック 冷蔵庫 完成!
▲レゴで作った冷蔵庫『ひえひえ』

 
レゴの作り方で基本になる基礎プレート   レゴの作り方の基本、クリエーターシリーズicon レゴの基本ブロックセット。基本ブロックが沢山詰まったセットだ。
レゴ 基本セット 基礎版 灰 48×48ポッチ 628 レゴ クリエイター コテージ 4996
レゴ 基本ブロック (XL) 6177


レゴの作り方の基本になる、基礎プレート。
48ポッチ×48ポッチの大きさがあるので
1枚持っていると、
大きめのジオラマモデルを作ったり、
建物などを造るのにとても重宝する。

小さいサイズの基礎プレートもある。


黄色いかわいらしいコテージが作れるセット。
緑のドラゴンが作れるセット。

レゴで家が作れるシリーズは、
人気のセットだ。


基本ブロックの詰まったセット。
基本ブロックとはレゴ発売当初からある、
2×4などの普通の四角い部品。

オリジナル作品を造るときにも、
必ず必要になってくる基本部品です。


◆オリジナルLEGOモデル図鑑メニューへ戻る
◆CLUB LEGO (クラブ レゴ)へ戻る


Copyright(C)1998-2007 Hiro All Rights Reserved
当ホームページのオリジナルLEGO画像・イラスト・文章等、コンテンツの著作権は、CLUB LEGO及びコンテンツ提供者に帰属します。
リンクは全てのページに対してフリーです。